うまい魚をこれからもずっと、食べ続けたい。

その目標のために

地魚の価値を高める仕組みが「地魚BANK」です。

わたしたちの想いに共感してくれる仲間から会費を募り、

新しい「地魚サービス」を会員と共に生み出し、

地魚の価値を高める活動を楽しみながら挑戦します。

具体的には

◯地魚ラボ(加工場)を作り、未利用魚の商品化にも挑戦します。

◯体験型イベントを行い、漁のこと、地魚のこと、海のことを、

 より深く知って頂く機会を作って参ります。

◯糸島観光と結びつけた「地魚ツーリズム(うお旅)」を開発し、

 糸島の本当の豊かさを発信します。

◯会員を募り、FBの会員限定ページにご招待し、最新情報をご提供いたします。

地魚BANKのロゴに込めた想い

その昔、貝殻はお金の代わりとして使われていました。

硬貨、紙幣、電子マネー、キャッシュレス、

お金の形は変わっても、信用の証であることは変わりません。

地魚BANKでは信用の象徴として、

全国的にも希少な加布里の天然ハマグリをモチーフにしました。

図柄には、姉子の浜の鳴き砂(旧二丈町)、

白糸の滝(旧前原町)、夫婦岩(旧志摩町)をデザインし

合併前の3つの市町のシンボルを表現した、

その土地の個性を大切にしようとする想いを込めました。

また上部にある魚は漁獲量7年連続日本一、

糸島が誇る地魚である天然真鯛を表しています。

ロゴ ヨコ_edited.png
  • Facebook

株式会社 いとしのいとしま

〒819-1311 糸島市志摩津和崎33-1

Copyright © 地魚BANK All Rights Reserved.